2016年11月10日 (木)

ブログ引越しのご連絡

いつも「自然と出会う休日」をご覧いただきありがとうございます。

eoblogが2017年3月末でサービス終了することになり、ブログを引越しすることになりました。

新しいアドレス:

「自然と出会う休日」
http://makokuni.seesaa.net/

過去のブログもすべて引っ越しました。
引越しで過去の写真は小さくなりましたが記事の検索等には問題ありません。

引き続き「自然と出会う休日」をよろしくお願いいたします。

2016年11月 3日 (木)

池のシギチ(2016年11月3日 草津市)

近場の池めぐりの続きです。

ふたつ目の池ではカモ探索でした。ホシハジロが結構な数で入っていましたが、変な個体はいませんでした。

三つ目の池は水が抜いてあり、シギチが期待できる池です。さて今日は・・・。



S20161103_1440461t
ハマシギとトウネン
ハマシギの小群にトウネンが1羽入っていました。

S20161103_1414501tトウネン
採餌するトウネン。上と同一個体です。


S20161103_141955tトウネンとハマシギ
このトウネン、体型がちょっと寸詰まりに感じましたがやはりトウネンですね。


S20161103_1427433t飛び立つハマシギ
チョウゲンボウの出現に驚いて飛び立ちました。


S20161103_1442521tクサシギ
テナガエビを捕まえたクサシギ。


S20161103_1442501tクサシギ
テナガエビが大きいためかなかなか呑み込めないようでした。


S20161103_150145tイカルチドリ
今日はコチドリを見かけませんでしたが、イカルチドリは複数観察できました。



S20161103_1431341t
イカルチドリ


S20161103_1454481tアカアシシギ
思いがけずアカアシシギも1個体観察できました。久しぶりだなあ。


S20161103_145528tアカアシシギ
上と同一個体です。

S20161103_142726t
ホオジロハクセキレイ?
昨年も観察した個体と思います。全体の羽衣はハクセキレイ的で、わずかに過眼線があるようなのでハクセキレイかもせれません。


さて、近場の池めぐり、なかなか楽しめました。



 

コノシメトンボ(2016年11月3日 大津市)

S20161103_1052501tヒメアカタテハ

今秋最後の岩間山に上がろうと思っていたのですが、少々疲れ気味なので近場の池めぐりに変更しました。

最初の池は今年最後のトンボ観察。キトンボが狙いだったのですが、姿は確認できたものの近くに止まってくれませんでした。残念。
コノシメトンボは個体数も多く、活発に動いていました。


S20161103_120417コノシメトンボ♂


S20161103_121546ノシメトンボ♀


S20161103_1221511tキトンボ♂
キトンボはこの写真しか撮影できませんでした。すごく敏感ですぐに遠くに飛んでしまいました。


S20161103_122722tネキトンボ♂


S20161103_123028tコノシメトンボ連結産卵


今日は比較的暖かかったのでトンボもまだまだ元気でしたが、来週は気温が下がるようなのでそろそろ終盤でしょう。
雪の上に止まるキトンボを見たいと思っているのですが、いつのことになるやら。



 

2016年10月23日 (日)

タカの渡りで小鳥(2016年10月22日 高島市)

昨日は岩間山ではなく、滋賀北部にタカの渡りを観察に行きました。
朝は晴れ間も出てタカも渡ったのですが、昼前からは厚い雲に覆われてタカの渡りはさっぱりでした。
特に目的にしていたハイタカ属は近くを飛ぶ個体が皆無で残念な結果でした。

S20161022_110803tノスリ
唯一近くを飛んでくれたノスリです。虹彩が暗色なので成鳥、斑の特徴から♂と思います。


S20161022_1108073tノスリ
上と同一個体


タカは不調でしたが小鳥は大変多く、特にアトリはたくさんいました。数百羽の群れが間断なく東向きに移動していました。

S20161022_085140アトリ
この場所で東向きに渡るということは、朝鮮半島から西日本に南下した個体群なのでしょうか。

他はビンズイやツグミ類も確認できました。


S20161022_082930tノビタキ
秋はタカの渡りばかりなのであまり撮影機会がないのですが、この場所では近くの草地にいてくれて、タカ渡りを観察しながら撮影できました。

そして識別にいつも悩むメボソムシクイ類、今回はかなり力強い地鳴きでオオムシクイの可能性が高いと判断しました。

S20161022_082025tオオムシクイと思われるメボソムシクイ類


S20161022_0820232t上と同一個体
背面はかなり緑味が強いです。






2016年10月22日 (土)

コウノトリ(2016-10-22 高島市)

今日は岩間山ではなく滋賀北部でタカの渡り観察でした。
帰りがけにたまたま通りががった場所にコウノトリが2羽いました。

先日も出会った「たからくん」(J0138)に加えて、「さきちゃん」(J0139)も一緒でした。いづれも福井県放鳥個体です。
市街地に近い川だったので地元の方も見に来られていました。

S20161022_1529241


S20161022_153916
奥が「たからくん」で手前が「さきちゃん」です。


S20161022_1534451「さきちゃん」



S20161022_153345「さきちゃん」


S20161022_153227「たからくん」



S20161022_1534221「たからくん」

 




2016年10月16日 (日)

栃の森はキノコの森(2016-10-10 南丹市)

S20161010_0859581
栃の森に野鳥調査に行ってきました。
野鳥は端境期なのか少な目でした。冬鳥はアトリの小群だけでした。峠ではカケス、メジロ、ヒヨドリの群れが渡って行きました。
移動途中なのかカラスバトの声が聞こえてきました。私自身離島以外での出会いは初めてで驚きました。

------------------------------------------------------------------------
この森は現在立ち入りが厳しく制限されています。
我々は許可を得て、野鳥調査を継続しています。
------------------------------------------------------------------------

このところ雨が多かったためか、栃の森はキノコの森になっていました。
出会ったキノコの一部を紹介します。
あえてキノコの名前を記載しませんので、多様なキノコの姿を先入観なしにご覧ください。

S20161010_0728501t

S20161010_0827371


S20161010_0841501


S20161010_084602


S20161010_093845


S20161010_094957


S20161010_1001401


S20161010_1021411


S20161010_104150


S20161010_133857


S20161010_152127

まだまだたくさん撮影したのですが、これくらいにしておきます。

 

2016年10月15日 (土)

タカの渡り・岩間山(2016年10月15日)

S20161015_070131朝7時、岩間山の眺望

今日は良い天気でしたが霞があり視界はあまりよくありませんでした。
タカはノスリがポツポツと渡り、7時から15時までの観察で176羽を確認しました。
帰りがけにトンボ池をのぞくと久しぶりにカトリヤンマ♀が産卵していました。撮影できなかったのが残念。


S20161015_1419051tハイタカ
東向きに渡って行きました。珍しく背面が撮影できました。


S20161015_111631tノスリ
成鳥♂と思われる個体。

近くを飛んでくれるのは、大概幼鳥です。

S20161015_1301341tノスリ幼鳥
正面顔は猫の様な感じです。


S20161015_130451tノスリ幼鳥
背面


S20161015_1304523tノスリ幼鳥
各羽が均一できれいなことが判ります。


ハイタカ属がもう少し飛んでくれるかと思ったのですが、今日は少なかったです。
明日も午前中だけ観察に行く予定です。今日撮影できなかったカトリヤンマの産卵も撮影したいものです。

2016年10月11日 (火)

タカの渡り・滋賀北部(2016年10月9日)

3連休の二日目、夜半に大雨が降り朝もまだ雨が残っていましたが、回復を信じて滋賀県北部に行きました。

タカの渡りには少し時間的に早いので朝の田んぼを回ってみました。

S20161009_072523tタシギ
この秋はジシギを全然見ていなかったので、タシギでも嬉しい感じです。


S20161009_0744291コウノトリ
安曇川近くの電柱に止まっていました。足環から福井県が放鳥した個体、J0138(たからくん)と思われます。


S20161009_074435tコウノトリの飛び出し
背中に発信器とアンテナがついていました。翼を広げると迫力のある大きさです。


雨も止んだようなので山に登りましたが、午前中は曇りの強風でタカは飛ばず、午後になって少し青空が出るようになってからノスリ主体で68羽飛びました。ノスリ以外はツミ7、サシバ1、チゴハヤブサ1でした。

S20161009_1347382tノスリ
強い西風に向かって羽ばたきながら飛んでいました。


S20161009_1152234tクマタカ
何回か姿を現しました。強風をもろともせず飛んでいました。やはり大きい鳥は存在感があります。


S20161009_1152351tクマタカ
背面を見せて帆翔する。


S20161009_1152234ttクマタカ
超トリミングしてみました。なんとか眼が判るレベルです。


タカの渡りは9時から15時過ぎまで観察しましたが、北西の風が強くかなり体が冷えてしまいました。先日まで暑い暑いと言っていたのが嘘の様です。
もう少しハイタカ属が観察できるかと思ったのですが、少し条件が悪すぎたかもしれません。
今シーズンのタカの渡りもほぼ終盤です。もう少しハイタカ属を観察して終了するつもりです。



2016年10月 8日 (土)

アケボノシュスラン(2016年10月8日 彦根市)

今日は天候が悪そうだったので、タカの渡りではなく前から観察したかった花を探しに行ってきました。
現地に到着後、藪の中を歩きましたが目的の花は見つからず・・・。藪の下にはアケボノシュスランが広い範囲にポツポツと咲いていました。残念ながら大きな群落にはなっていませんでした。

S20161008_081655

S20161008_0820132

S20161008_0821361

このあと藪から出ている途中にアクシデント発生。あわてて自宅に戻り、また現地に行く羽目に・・・。
散財する必要はあるは、しばらく不便になるはで、ガックリとしました。
素直に岩間山に上がっとけば良かった。

2016年10月 2日 (日)

タカの渡り・岩間山(2016年10月2日)

S20161002_064454本日の岩間山、朝6時45分の眺望。夜半の雨と前線による暖かい空気で霧が発生。この後、ガスがあがってきて、9時半頃まで視界がありませんでした。
ガスがとれても霞が残り遠くのタカは見えにくい状況が続き、気温の上昇と共に観察には辛い一日でした。


S20161002_085441tエゾビタキ
ガスで視界がない間はヒタキ類を楽しみました。エゾビタキ、サメビタキ、コサメビタキ、オオルリ、キビタキと主要メンバー勢揃いでした。

S20161002_092137tキビタキ♀



S20161002_115641tカケス
カケスも増えてきました。移動中の個体でしょう。相変わらずイケズ顔のカケスです。


さて、タカの渡りですがサシバを中心に数はそこそこ出たのですが、遠い高い霞んでいるの三重苦で、数の割に満足感のない状態でした。今日の岩間山のタカ渡り総数は707羽で、私がいた15時までは400羽くらいでした。遅い時刻にまとまった数のサシバが飛来したようです。サシバも焦っているのでしょうか。

S20161002_1203291t帆翔するサシバ

S20161002_1501343tサシバ成鳥
観察終了して山を降りようとしたときにやって来たサシバ成鳥です。まっすぐ観察地点に飛んできたのですが、こちらを見て急に方向を変えてしまいました。

(おまけ1)S20161002_125644ネキトンボ♂
今年の岩間山観察地点横のトンボ池は例年に比べて種類、個体数ともに非常に少ない状態です。たくさんいたオオルリボシヤンマも♀は全く見かけません。どうなっているのでしょうか。


(おまけ2)
S20161002_063742ムラサキナギナタタケ
岩間山観察ポイントに行く山道の横にたくさん生えていました。ニョロニョロのような感じにも見えますね。


 

2016年10月 1日 (土)

タカの渡り・岩間山(2016年10月1日)

昨日は2100羽を超えるタカが渡った岩間山、本日も少しは余韻を味わえるかと霧雨の山にあがりました。
天候は思った以上に回復しましたが、タカの動きは鈍く15時を過ぎてサシバとノスリがあわせて約100羽渡り、7時から16時の観察で217羽の渡りとなりました。サシバとハチクマの渡りはほぼ終盤の様相です。

S20161001_073951朝7時40分頃の岩間山。霧雨があがり、かかっていたガスがやっととれてきました。東側の見通しは良好でしたが、北側はほぼ終日ガスがかかっていました。


S20161001_1101041tガスの中を飛ぶハリオアマツバメ


S20161001_132433本日は頭上近くを飛ぶタカは皆無でした。南側一番近くでできたサシバのタカ柱です。


さて、明日も岩間山の予定です。おそらく今年最後のサシバ、ハチクマの渡り観察になると思います。

夏の思い出2 ヒナチドリ

7月のある日、ヒナチドリと出会った。
以前、双眼鏡でミズナラの巨木に着生している株を探してやっと見つけたのに、今回は目の前にあった。

1


2


3


4


5


6

2016年9月26日 (月)

タカの渡り・岩間山(2016年9月25日)

S20160925_0632182016年9月25日6時30分、岩間山観察ポイントからの眺望

やっとタカが大きく動きました。
天気予報が悪かったのであまり期待していなかったのですが、1343羽のタカが渡りました。上昇気流がないためか、低く羽ばたきながら渡る個体が多く、至近距離を飛ぶハチクマを観察でき満足感の高い一日でした。

S20160925_0908582tエゾビタキ
朝のうちはタカはほとんど飛ばず、渡りの小鳥を楽しみました。先日と同じく、エゾビタキがたくさん、オオルリ、コサメビタキ、クロツグミなどを観察できました。空にはハリオアマツバメ、アマツバメが飛んでいました。


9時頃からぼつぼつタカが渡ってきました。
至近距離をハチクマが飛んでくれました。ハチクマはいろんな個体がいてみていて楽しいですね。

S20160925_085307tハチクマ成鳥♀



S20160925_0855131tハチクマ成鳥♀
黒色型といってもいいくらい、下面が黒褐色の個体。



S20160925_093918tハチクマ幼鳥(個体A)の上面



S20160925_093920tハチクマ幼鳥(個体A)



S20160925_094014tハチクマ幼鳥(個体A)



S20160925_0940342tハチクマ幼鳥(個体A)



S20160925_0940343ハチクマ幼鳥(個体A)



S20160925_1021552tハチクマ幼鳥(個体B)



S20160925_102625ノスリ
観察地点に向かって真っすぐ飛んできたノスリ。


S20160925_1028012tノスリ
上と同一個体。近かったが完全逆光でした。


10時半ごろからサシバがまとまって渡ってきました。初めは北側を通過していましたが徐々に頭上コースが多くなりました。

S20160925_1027402tサシバ成鳥



S20160925_110408tサシバ成鳥



S20160925_1108351サシバのタカ柱
垂直に伸びるタカ柱を毎年狙っているのですが今回も上手く撮影できませんでした。残念。



S20160925_1129581琵琶湖をバックに上昇気流を探すサシバ。羽ばたいています。



S20160925_1146441tサシバ幼鳥の上面



S20160925_1146462tサシバ幼鳥



S20160925_1147021tサシバ幼鳥



S20160925_1156081三上山を背景に上昇するサシバ



S20160925_132534tツミ成鳥♀
まだハイタカ属は少ないですが、きれいなツミ成鳥♀が渡りました。


15時には渡りもほぼ終息しましたが、上流の状況を考えると翌日(9/26)も大きな渡りが予想される状況でした(9/26も岩間山で1200羽近くの渡りが関sつされました)。

S20160925_1530123tハチクマ成鳥♂
15時には空に雲が広がってきましたが、最後にハチクマ成鳥♂が近くを飛んでくれました。本日の締めにふさわしい出現でした。


(おまけ)
最近の雨で岩間山でもキノコがやっと出てきました。
観察ポイントの近くに大きなカラカサタケの仲間が生えていました。マントカラカサタケと思うのですが、通常の白っぽいものでなく褐色味の強いものでした。
手前はカサの開いていないもの、奥のはカサが8部程度開いています。

このキノコ、カラカサタケに訂正します。9/29記載

S20160925_0627051

2016年9月24日 (土)

タカの渡り・岩間山(2016年9月24日)

S20160924_062221朝、6時半の岩間山。朝のうちは晴れ間もでて、期待いっぱいだったのですが・・・

本日も岩間山でタカの渡り観察でした。今日も厚い雲に覆われて、風もあり肌寒い状況でした。残念ながら今日も飛びませんでした。

今シーズンは運がないなあと思っていたら、9時50分ごろに北側稜線上にグンカンドリ(コグンカンドリの可能性が高い)が出てきてビックリしました。写真は一応撮ったのですが、距離がありすぎてダメでした。最後は少し近くに飛んできたのですが、観察優先で撮影しませんでした。
運があるような、無いような・・・・。

S20160924_0958482tハチクマ成鳥♂
本日10時過ぎに近くを飛んだ個体。そ嚢が大きく膨らんでいます。


S20160924_0958295tハチクマ成鳥♂
上と同一個体。

小鳥は、エゾビタキが多く、オオルリ、サメ、コサメ、クロツグミなど。先日いたノウサギは今日も人を恐れず草を食べていました。

S20160924_1228341tオオルリ
アカメガシワに止まる♂若。

タカは、サシバ1、オオタカ1、チゴハヤブサ1、ハチクマ8と寂しい限りでした。

S20160924_1509001ハチクマ成鳥♀
石山の町並みをバックに帆翔する。

S20160924_150949ハチクマ成鳥♂と幼鳥


S20160924_151050tハチクマ幼鳥
暗褐色の下面が美しい個体。


明日はもう少し飛んで欲しい・・・・。




2016年9月22日 (木)

タカの渡り・岩間山(2016年9月22日)

今日も岩間山に登りましたが、天候不良でタカは飛ばず。今シーズンまだ渡りらしい渡りを観察していません。サシバ、ハチクマのピークはそろそろだと思いますが、この土日にある程度観察できないと個人的にはちょっと残念なシーズンになりそうです。

S20160922_065745朝7:00の岩間山。朝は少し青空もありましたが、厚い雲に覆われ、一時小雨、一時ガスでした。15:00から雨が降り出して終了しました。


S20160922_0714231tツミ幼鳥
朝、頭上近くを飛んでくれました。本日の渡りはツミ2、ハチクマ1、オオタカ1とわずか4羽でした。


暇なのでトンボ池を覗いてみましたが、トンボも今シーズンは少ない状況が続いています。
ネキトンボ2、オオルリボシヤンマ1、ホソミイトトンボ1しか観察できませんでした。

S20160922_1338121tネキトンボ


S20160922_1339211tネキトンボ


帰りがけにノウサギを岩間山では初めて観察しました。警戒心があまりない個体で、数メートルまで近づいてもなかなか逃げませんでした。

S20160922_1449521ノウサギ


明日は仕事。明後日からがタカの渡りの正念場になりそうです。

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

トンボ写真館

  • S20080831_110019
    近所で出会ったトンボを紹介しています。 同定間違いがあればご指摘ください。